トレンドと歴史|ハワイアンジュエリーで可愛い結婚指輪はいかがですか

トレンドと歴史

二つのリング

結婚指輪の歴史について

現在の結婚式のトレンドは多様な結婚式のスタイルですが、ほとんどの結婚式で行われているような演出や習慣もあります。その一つが結婚指輪を夫婦で贈りあう、指輪交換です。この結婚指輪が誕生した背景には、ヨーロッパにおける指輪の持つ意味合いがあります。指輪には契約を守る証として贈っていたと言われ、そこから発展して婚約という契約に際して婚約指輪が誕生しました。それがわかるのは古代ローマ時代のころのことです。当時においては結婚より婚約が重視されていましたが、更に時代が下って中世のヨーロッパにおいて結婚式が重視されるようになると、それに伴って結婚指輪も誕生しました。

指輪交換という文化の今後

多くの日本人にとって結婚式に結婚指輪を夫婦で贈りあう指輪交換は、既成の文化となっています。結婚指輪の発祥地であるヨーロッパに起源をもつキリスト教式結婚式が、現在の日本で行われる結婚式で最も一般的であるということもそうした文化が根差している一因でもあります。さらに日本文化に根差した神道の影響を受ける神前式においても、結婚指輪の交換は普通に行われており、宗教や文化の枠組みを超えて受容されています。このように、一過性のブームや宗教に左右されない形で文化として定着していることから、今後もこうした習慣は続いていくと予測されます。しかし、指輪自体に対する価値観などは時代によって変化がみられます。素材についていえば、ヨーロッパでは金の指輪を用いることが一般的です。しかし日本においては、金より希少であるということから、プラチナの指輪が人気となっています。